POG Again

POG歴約20年

指名馬情報:牝馬第5位

牝馬第5位:エルディアマンテ

【次回注目馬】鼻差2着の良血エルディアマンテは将来楽しみな逸材

 ◆エルディアマンテ(11月18日、東京6R・2歳新馬、芝1600メートル、牝馬限定=2着)

 惜しくも鼻差の接戦で2着に敗れたが、良血馬らしい素質の片りんは見せた。フローラSなど重賞3勝のディアデラノビアを母に持ち、全姉のディアデラマドレも重賞3勝の実績馬だ。

 まずまずのスタートから楽に好位をキープして、直線ではうまく進路を変えながら馬群から抜け出すセンスの良さも見せた。1度は先頭に立ち、外から追い込んできたレッドベルローズと馬体を併せると、もうひと伸びしてたくましい勝負根性も印象付けた。

 自ら追い切りに騎乗して好感触をつかんでいたルメールは「惜しいけど仕方ないです。併せてからも頑張っていましたし、しっかり反応してくれた。距離はこのぐらいがいいでしょう」と、非常に悔しがっていた。将来が楽しみな素材で、順調にいけば、すぐに勝ち上がれるだろう。

 

スポーツ報知

指名馬情報:牝馬第5位

牝馬第5位:エルディアマンテ

11/18 国枝厩舎
18日の東京競馬ではまずまずのスタートから道中4、5番手を追走する。直線では馬の間を突いてよく伸びるも、最後は外から来た勝ち馬の勢いが上回り2着。
「初めての競馬なのでどうかなと思ってたけど、上手に走ってくれましたよ。これくらいの距離も良さそうで、折り合いもつきましたからね。あとは結果が一番じゃなかったから悔しいけど、今日の走りなら次は楽しみですね」(ルメール騎手)
「ジョッキーが跨がってからちょっとピリッとしたところを見せたけど、この血統を考えると許容範囲内だったでしょう。競馬は内で我慢して直線では馬の間からしっかりと脚を使ってくれて悪くない内容でした。それだけに結果が一番良かったらと思うと悔しいですし、申し訳ありませんでした。詰め込んでいいタイプではないでしょうから、この後は心身のリフレッシュ期間を設けることを考えていきます」(国枝師)
枠を活かしてインコースで脚を溜め、直線では馬の間も躊躇せずに抜けてくれ、センスの高い走りをしてくれました。大外から伸びた勝ち馬には先着を許したものの、3着以下は離して力は示していますから、次走こそは先頭でゴール板を駆け抜けてほしいものです。血統的に大事にジックリと成長を促した方がいいでしょうから、この後は放牧に出してリフレッシュを図る予定です

 

キャロ太郎の一口馬主ライフ

指名馬情報:牝馬第5位【画像有り】

牝馬第5位:エルディアマンテ

netkeiba

サンスポ

デイリー

ニッカン

スポニチ

2着 エルディアマンテ(C・ルメール騎手)
「惜しかったです。いいレースでいい反応でした。併せる形で伸びました。距離はこのくらいが良いと思います。勝ち馬のキレがすごかったです」

ラジオNIKKEI