POG Again

POG歴約20年

雑談・過去話

競馬のブランク

1993年1月から1995年10月の3年間における日本競馬は私にとっての空白期間である。ナリタブライアンをはじめベガ、ビワハヤヒデ、ウイニングチケット、タヤスツヨシ、ダンスパートナーといった馬たちは、以前接していたそれまでの名馬たちとは違和感を感じ…

メキシコという国とは

1993年1月私は会社の海外研修という名目の下、メキシコシティに3年間に渡る移住をした。父親の義理の兄(姉の旦那)が某自動車メーカーの部品会社で部長をしていた際に、現地法人会社をメキシコで立ち上げて、その社長に私のことを紹介してくれたことがきっ…

夢だった北海道、そして・・・

ここまで書いてきた当時もしくは往年の名馬たちに会いに、北海道の牧場巡りへ行ったのはちょうど1990年頃(夏季と冬季それぞれ1度)だった。あの頃は今のような便利な世の中ではなかった(今もある程度は同じであるようだが)ので、『競走馬のふるさと案内…

テンポイントの再来

高校時代は部活(バスケットボール)をしていたので毎週末競馬場へ行くことは難しかったが、大学へ進学しゴルフサークルの活動が始まったものの漸く思うように競馬場へ行けるようになった。この年は中山競馬場改修のため、第48回皐月賞が府中で行われた。 こ…

東京競馬場

通っていた高校が埼玉県の志木だったので、主に府中競馬場へ行くことが専らであった。生まれて初めて府中へ行ったのは、1987年2月1日。その日の新馬戦で勝ち上がったのは後にNHK杯でモガミヤシマの2着に入ったホクトジョージであり、メインレースの第2…

きっかけ

天馬:トウショウボーイ 小学生の頃近くに住んでいた祖母の家へ遊びに来て行くと、同居していた叔父がちゃぶ台の上に競馬四季報などを置いていたり、土日になると競馬中継をテレビで見ていた。その時に競馬というものを知り、強く興味を持った一頭がトウショ…